ご飯に合う料理作りをする萩広史

萩広史の趣味は料理です。最近では男性も料理をするようになって特に彼だけが珍しいわけではありません。彼が作る料理は白いご飯にあうもの、これが彼の料理の基本です。萩広史は和食の中でも煮物が大好きなのですが、白米に合うということでカレーやシチューまたは餃子などのつまみ系なども作ることができます。時にはシンプルにゆでただけの野菜やお肉などをポン酢で食することもある萩広史ですが、食材の盛り付けはプロ級のセンスがあります。料理が趣味であるまえに、彼がお皿にも以前から興味があったということで、料理を盛り付けるお皿も真剣に選定するため、ものすごく料理が映えるのです。

そんな料理の写真をSNSでアップするので、彼の料理は目を引くものになっています。萩広史の料理の基本は白米に合うものですが、煮物や焼き物といったもの丼ものでも定番の食材を使ったものではなく、彼が好むものを肉じゃが風にアレンジしてみたり、単に魚を焼くにしても魚を数日前からいろいろ混合した調味料に漬けて焼いたりすることをします。もちろん手間暇掛けている料理もありますし、思いつきでササッと作り上げてしまう料理もあるのですが、載せられた写真からはどれも完全にご飯に合うものだろうということは想像できます。最近の萩広史が好んで作る料理は、餃子です。

またこの餃子も彼なりのこだわりがあって、一切キャベツは使用せず、白菜のみを使います。ただ、餃子の具はバリエーション豊富です。そんな彼なりの具材を使うことで時には失敗作もありますが、この失敗したものまで投稿しているのですから、ちょっとみていて面白いところもあり萩広史でも失敗することがあるのだと、妙な安心感もあります。料理をし始めたころは例え失敗でもそれを失敗とは認めていなかった萩広史でしたが、自分の料理がさまになってくると失敗は失敗だと認めるようになってきたのも、おもしろいところです。美味しいものと合わせて白米をたべることが最高なのだという萩広史。

パスタもパンも料理としていろいろ作りはしますが、やはり彼の基本は白米なのです。これがご飯のお供になる惣菜レシピにまで発展していき、今ではおかずのりのような役割をはたすものまで自分で作っています。彼の料理は濃い目の味付けが特徴になっていますが、またこの濃い目の味付けはお酒にも合う料理ということを裏づけています。彼の料理の勢いは何処まで続いていくのか、この先も見ものになってくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)はweb制作事業を手掛けている会社です。今まで数々の案件を担当してきており実績があり…
  2. 岐阜 着物レンタルを行ってくれるブライダル結衣は、貸衣装でも多くの服を提供しています。着物だけでなく…
  3. 川口 腰痛でお悩みなら、プライマリーカイロプラクティックへぜひお越しください。腰痛や肩こりの根本改善…

アーカイブ

ページ上部へ戻る